まちにあったらいいなと思う"ものやサービス"を仲間と一緒にかたちにする働き方「ワーカーズ・コレクティブ(W.Co=ワーコレ)」

学習会

 神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会に集っているW.Coは、業種ごとに大きく分けた9つの部門に所属しています。その中でも、さらに業種が分かれている部門もあります。それぞれの業種に特化した「学習会」は、各部門で企画することができます。また、各地域W.Coリーダー会議でも開催することができます。
 開催できる内容は以下の4つで、各地域W.Coリーダー会議や部門会議で主催できます。講座の設定時間は概ね2時間です。講師との調整は主催者が行い、オンライン対応が可能なものもありますので、以下のマニュアルをご参照ください。

  1. パソコン常識点検 ~データとメール管理編~ 
     講師:W.Co ほっとリンク
  2. メンバー募集・事業拡大に有効なチラシ作り  
     講師:元W.Co エコ・アドメンバー
  3. 「Ⅰam ルール」じゃ困ります!~役割交代を考える~ 
     講師:W.Co Largo
  4. ライフサイクルに合わせた働き方 ~103万円 130万円の壁と税金~ 
     講師:W.Co スマイル&W.Co キャリーメンバー

※マニュアルに記載している講師料は、2022年3月31日現在のものです。
 学習会開催マニュアル書式のダウンロードはこちらから。

対 象 :全メンバー、理事、リーダー
開催費用:講師料、講師交通費実費、会場費等
参加費 上記開催費用を参加者で按分、もしくは地域W.Coリーダー会議、部門会議で予算化

学習会メニュー

タイトル内容・主旨(オンライン対応可能→OL可講師/講師料
パソコン常識点検
~データとメール管理編~
常識のあるメール送信とは。受信メールの管理や組織内での伝達方法のルール化。作成した文書・資料等の保管方法と管理等の組織内でのルール化。など、日常的にパソコン作業を行っているメンバー対象の基礎知識講座です。
 ≪OL可≫オンライン開催は出張費無し
W.Coほっとリンク
(講師2名)
/7,500円 
メンバー募集・事業拡大に有効なチラシ作りチラシ・通信・パンフなどを読んでもらうためにはどんな工夫が必要か、レイアウトやデザイン、キャッチコピーなどの編集についての基本を学ぶ、事業にお役立ち講座です。≪OL可≫元企業組合エコ・アド
鴻池弘子さん
/ 5,000円
「I am ルール」じゃ困ります!
~役割分担・交代を考える ~
組織的な業務が一人に集中していませんか?モレ・ダブり・ミスが減る事務業務の効率化を目指します。自組織の仕事の内容の共有と、管理ワークの整理、見える化をすることにより、役割分担・交代を考える講座です。W.Co Largo
/5,000円()
ライフサイクルに合わせた働き方
~103万130万の壁と税金~
103万、130万の壁の基本知識の講座です。様々な年代によって働き方や年金・税金の考え方、捉え方に変化がおきることの理解を深めます。また、W.Coキャリーのシフト管理の実践例を共有し、「責任を持って働き合う」ことについてディスカッションを行います。リーダーやシフト管理をしている方はもちろん、実際に、壁に悩むメンバーも、是非一緒に考えましょう。W.Coスマイル
W.Coキャリー
落合純子さん
/ 7,500円
()参加人数によって、講師側のスタッフ等が増える場合、講師料も変わります。

※講師料は、2022年6月現在の金額

学習会開催の流れ

※リアルまたはオンライン…ハイブリッドは原則不可

企画主催者

〇 地域W.Coリーダー会議
〇 部門会議 

主催者が決めること(企画としての必要事項)
 どの学習会にするか、学習会の開催趣旨・目的、日程案・会場案、担当者(役割があるので複数人にするかを含めて)講師予算、参加費徴収の有無、参加者集約の方法、チラシの作成やアンケートの有無など

担当になった人

企画書の作成(具体化)

 役割と分担を決めましょう
 ・講師依頼と日程調整、会場確保
 ・レジュメやアンケート、チラシ案(必要に応じて)作成、参加者集約(名簿作成等)
  報告・確認

 ・地域W.Coリーダー会議 理事
 ・部門会議 理事・運営委員

② 講座内容詳細決定

 ・講師との打ち合わせ(準備するものや参加者の名簿が必要かどうか、講師交通費の確認など)
 ・会場のレイアウト他

  企画書を共育・研修委員会に提出

 ・企画書は開催1か月前には共育・研修委員会に間に合うように提出する
 ※間に合わない場合は共育・研修代表者へ提出

③ 学習会当日

 ・レジュメ(当日の流れ等の簡単なもの)持参
 ・会場設営、受付
 ・司会進行
 ・講師謝礼及び講師交通費の精算
 ・参加費が発生する場合は参加費徴収と領収書(事前に連合会より入手)の発行
 ・(アンケート回収)

④ 講座終了

 ・(アンケート集計)
 ・主催会議での振り返り(開催してどうだったか、参加人数、収支の確認等)
 ・終了報告書作成

  報告・確認

 ・共育・研修委員会は内容を確認する

※オンライン開催の場合
◆W.Co連合会Zoomアカウントの予約
 ・主催者は基本、連合会会議室にて実施
 ・他会場や自宅で行う場合、当日、連合会事務局がZoomを起動し、主催者側のパソコンを共同ホストにします
 (連合会のパソコン以外で連合会のZoomアカウントは使用できないため)
 ※Zoomやパソコンの予約等は、基本的に担当理事が行います。
◆パソコンの用意、参加者へのZoom IDの送信
 ・参加費(発生する場合)の徴収や講師への支払い精算方法の確認(現金・振込み・領収書等)

閉じる