まちにあったらいいなと思う"ものやサービス"を仲間と一緒にかたちにする働き方「ワーカーズ・コレクティブ(W.Co=ワーコレ)」 説明会開催 申込はこちら≫

「コロナ禍で苦境に陥る神奈川県下のワーカーズ・コレクティブ応援カンパ」を原資とした助成を行いました。

 生活クラブ生協のカンパ活動により、12月に5,793,000円のカンパ金をいただきました。

1月~2月にカンパ金の原資とする助成への応募を呼びかけたところ、22団体から1,000万円を超える助成の申請がありました。

 W.Co連合会では、代表者がそれぞれの団体と面談及び聞き取りをすすめ、助成金額を決定しました。

 助成金は3月の部門会議で対面またはオンラインで助成式を行ない、W.Co連合会理事会からの所見とともに目録をお渡ししました。

 各団体からは、
「今後の事業継続に向けて力になる」
「メンバーに生活クラブ組合員などカンパしていただいた方の思いを伝えたい」
「助成金を活用して頑張っていきます」などの言葉がありました。

 コロナの影響はまだまだ続きますが、カンパしていただいた方々の思いを大切にし、地域に必要とされるサービスを継続していきます。

助成団体と助成金額一覧

助成金額合計 5,793,000円

                                          単位:円

 W.Co名申請理由助成 
金額
 
1Jam(生協委託)生活クラブ加入停止の影響で業務ができなかった。支払い猶予となっている会費や家賃の補填。500,000
2住まいのワーカーズ・コレクティブ+one(住まいの相談・講座事業等)上半期は講座事業が全くなくなり事業収入が大きく減少。事業拡大に向けたリーフレットの印刷費の補填。10,000
3レストランWe(食)テレワークの影響でランチ売上減。宴会も全くなくなり、資金繰りが厳しい。家賃と消費税分の補填。500,000
4健康づくりワーカーズ“ぱーとなー”(講座事業等)講座の依頼がなくなり厳しい。事業継続のためのオンライン化に向けた設備の充実。300,000
5カルチャースクールACT(講座事業)講座開催中止のための事業高減少。家賃と講座案内組込み料の補填。480,000
6ミズ・キャロット(食)スポット弁当の減少等で売上高減少。使い捨て容器等の購入費用。250,000
7かりん(食)事業所等への弁当配達減少による事業収入減少に家賃更新料の請求が追い打ち。更新料の補填。198,000
8わっか(移動サービス)必要不可欠な通院のサービスは継続したが、事業高減少。継続が難しい。300,000
9らら・むーぶ厚木(移動サービス)外出自粛のため事業高減少。コロナ感染対策経費の補填。 40,000
10笑顔(家事介護)介護保険外の事業が大きく減少。400,000
11WE21ジャパン相模原(リサイクルショップ)緊急事態宣言発出による休業および時短営業で売り上げ激減。215,000
12Lavori(生協委託)緊急事態宣言発出によるキャンセル増。250,000
13ハミング(移動)外出介助サービスの利用減。施設送迎は利用者減のため委託件数半減。昨年購入した車両代金の返済の一部。400,000
14ケアびーくる(移動サービス)外出自粛のため、事業高が大幅に減少したが、給付金の対象にまではならなかった。200,000
15であい(リサイクルショップ)2020年4~5月は緊急事態宣言により閉店。感染症対策費用等の経費増。200,000
16まいそる(デイサービス)利用者減により事業高が減少。50,000
17メロディー(デイサービス・居場所)居場所メロディーココの事業が縮小したが、ランニングコストはこれまで通りかかるため大きな赤字。300,000
18くるまやさん(移動サービス)外出自粛により事業高減少。テレワーク導入費用の一部50,000
19花もめん(食)施設食は好調だが、仕出し、パーティー食等が激減。500,000
20ほっぺ(食)配達先の利用者減による弁当注文減少。衛生用品、使い捨て容器への変更等経費増。200,000
21キッチン菜な(食)会議の減少やイベントの中止による外売り弁当の注文減で赤字増。300,000
22くわんね(食)食関連のW.Coの売り上げ減により、発注減。機器の故障の補填。150,000